教育・保育理念

保育理念

植草学園の建学の精神(徳育教育=心の教育)を保育の基本として、一人ひとりの子どもの最善の利益を考慮し、人格形成の基盤と未来を拓く力を培う保育園とする。また、保育園の社会的役割を認識し、人と人とのつながりを大切にした豊かな
社会作りに貢献する。

 

基本方針

  • 一人ひとりの子どもの発達と特性を踏まえ、発達の連続性を考慮した個別的な関わりに努める。
  • 保育教諭等や友達との安定した関係や、豊かな体験・経験の中で自分らしさを発揮できる生活にしていく。
  • 健康・安全・生活リズムに配慮し、落ち着いた日々の生活を通して望ましい生活習慣の定着を図る。
  • 多様な人との関わり及び地域とのかかわりを通して社会性や道徳性を養う。
  • 「楽しい食事、おいしい食事」を基本として食に関わる体験を積み重ね、食を営む力の基礎を養う。
  • 保護者との信頼関係を築くと共に、保護者同士のコミュニケーションを推進し、園全体として子どもの育ちを支える。

 

保育目標

主体的な 「遊び」 を通して、心身共に健やかで感性豊かな子どもを育む。